特典制度・サポート

併願制度

本校では、大学・短大・公務員の入試結果をみてから本校に入学しようと考えている人に対し、併願制度を採用しています。この併願制度は、大学・短大・公務員受験前に当校を受験し、合格通知をうけた後、入学手続は大学・短大・公務員の結果をみてから行うという制度です。
したがって、大学・短大・公務員発表後に学費を納入することになり、経済的に負担のかからない便利な制度といえます。

出願資格 推薦入学出願、一般入学出願ともに利用できます。
選考方法 推薦入学、一般入学に準じます。
出願締切 平成31年2月28日
出願書類 ①併願書(本校指定の用紙)
②その他については推薦入学又は一般入学に準じます。
併願申込料 55,000円

内訳は、入学選考料15,000円、併願登録料40,000円。(郵送の場合は郵便為替にして下さい。なお、本校への入学手続の際には、併願登録料40,000円が入学金から差し引かれます。)

合格通知 審査後7日以内に合否を決定し、郵便にて通知します。
入学手続き 本校への進学決定者は、所定の銀行振込用紙を使い、第1回学費(併願登録料を差し引いた金額)を指定期日までに納入して下さい。
なお、期日までに納入されない場合は、入学を辞退したものとみなします。
その他 ①併願登録料40,000円は、本校の入学選考において不合格の場合、返却いたします。
②本校への入学辞退の場合、併願登録料40,000円は返却いたしません。

入学金免除制度

人物・学力ともに優れている学生に対し、入学金を免除し、就学をすすめるものです。

出願資格 ①本校への入学資格を有し、本校に入学する意志を持っている者。
②入学願書提出に際して、高等学校長の推薦を得られる者。(併願制度利用者は除く)
③高等学校3年1学期までの学習成績の評定平均値が3.7以上の者。
選考基準 本制度にふさわしい人格をもち、態度・行動において将来良識ある社会人として活躍する見込みがある者。
受付期間 平成令和2年2月28日まで
出願書類 申込書(本校指定の用紙にて入学願書と一緒に提出してください。)
選考方法・試験日 ①筆記試験
②入学選考日と同日に実施します。

アレック特別奨学金制度・入学金免除制度は、重複して利用することはできません。

その他

通学定期の割引 通学に電車・バスなどの交通機関を利用する場合は学割が利用できます。
アパート・下宿の案内 本校では、自宅からの通学が困難な学生に対し、3月中旬にアパートや下宿の現地案内をします。
(実施の詳細は3月上旬に通知します。)
教育ローン 本校は、学校教育法第124の規定により、地方銀行・都市銀行の教育ローンが利用できる学校です。また、日本政策金融公庫等の国の機関も利用できます。
生活福祉資金(修学・就学支度)の貸付制度 専門学校進学の方に各市町村の社会福祉協議会の貸付制度があります。詳しくは最寄りの社会福祉協議会へお問い合わせください。

実習設備機器の無料開放制度

本校では放課後も、コンピュータ・ワープロの実習設備機器を無料で開放しているので、自分で納得するまで自由に実習することができます。

無料開放:放課後
夏季・冬季・春季休業日も開放しています。

大学編入学

当校を卒業した方は大学編入学が可能です。

工学博士誕生!!

上野秀剛君

工学博士を授与されたのは、情報システム科(現 ITエンジニア科)14回卒業生の上野秀剛君(八戸工業高等学校出身)です。

〔博士学位論文〕
「ソフトウェアレビューにおける性能評価のための視線計測と特徴分析」

年/月 経歴
平成
12/ 4
専門学校アレック情報ビジネス学院 情報システム科 入学
12/10 経済産業省国家試験 基本情報技術者試験 合格
13/ 4 経済産業省国家試験 ソフトウェア開発技術者試験 合格 (現 応用情報技術者試験)
13/10 経済産業省国家試験 ネットワークスペシャリスト試験 合格
14/ 3 専門学校アレック情報ビジネス学院 情報システム科 卒業
14/ 4 岩手県立大学 ソフトウェア情報学部 3年次へ編入
16/ 3 岩手県立大学 ソフトウェア情報学部 卒業
16/ 4 奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科博士前期課程 入学
18/ 3 奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科博士前期課程 修了
18/ 4 奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科博士後期課程 入学
21/ 3 奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科博士後期課程 修了
工学博士を授与される
21/ 4 奈良工業高等専門学校 情報工学科の助教として就任

pagetop

オープンキャンパス

資料請求