建築科_Q&A

Q&A

アレックの建築科では何を勉強するの?
 本科では、建築士資格取得を目指して学習をします。建築施工管理技士や福祉住環境コーディネーター、カラーコーディネーター、建築CAD検定などの資格取得も目指します。
アレックの専攻科では何を勉強するの?
 建築士の合格に向けて、徹底的に試験対策のカリキュラムをこなし、全員合格を目指します。
大学と専門学校の建築科の違いは?
    専門学校(アレックの場合)    大 学
学習 1. 社会で通用する専門技術・知識を身に付けることが目的。
2. 1年次から2年間かけて専門科目を勉強。
3. カリキュラムのほとんどは専門科目。
4. 建築現場を見学など、実務に役立つ授業
6. 担任が一人ひとりの勉強や進路の指導。
1. 専門分野の研究を通し、学術的な知識と思考を習得することが目的。
2. 1・2年次は一般教養、3・4年次に専門分野。
3. カリキュラムは選択科目が多い。
4. 研究して学問を究める。
5. クラス単位の授業は少ない。
6. 進路指導は、進路担当者が行う。
資格
取得
1. 建築士取得のためのカリキュラムが組まれている。
2. 建築士の他にも実務に役立つ資格の取得を目指す。
1. 特定学科(医療系)以外は、資格取得に熱心ではない。
建築士
受験
時期
1. 建築科2年を卒業してすぐに受験できる。二級建築士であれば、最短で、20歳で免許がもらえる。 1. 建築科4年を業して受験できる。
二級建築士であれば、22歳で免許がもらえる。
学費 1. 2年間で182万円。専攻科を含めても249万円。 1. 4年間での学費は、約560万円。
建築士と大工さんの違いは?
    建築士の仕事   大工の仕事
建物のプランを立案します。
詳細図面を作成します。
安全な建物の設計か、市役所などに申請します。
設計図通りに工事が行われているか(「監理」と言います)確認します。
建築士の作った設計図通りに建物を作ります。
建築士の仕事の将来性は?
 建築士の将来は非常に有望です。なぜなら、
① 建築士の仕事は、「業務独占資格(医師や弁護士のように、資格がないとできない仕事)」です。
② 建築士の有効求人倍率は約7倍(=採用したい人数÷就職したい人数)で、とても人材不足です。
③ 高度成長期(1950年代~1970年代)に建てられた大量の建物の老朽化が到来し、建替えの時期が始まっているために、建築士の仕事は今後増える一方です。
高校の普通科出身でも勉強についていけるの?
 普通科出身の方にも丁寧に基礎から学習を進めていきます。教室では理論を学び、実際に現場を見たり、使われている材料を見たりと、分かりやすい授業を進めていきますので大丈夫です。
現在は工業高校の建築科に通っていますが、専門教科の内容がダブることはないの?
 アレックでは、高校の約1.5倍建築のことを学びます。ですから工業高校の建築科を卒業後、専門学校に進学した人の話を聞くと、「専門学校のほうが深く学べたので、建築士試験の時や就職してから大いに役に立った」と話しています。
建築士の資格を、建築科在学中に受験できるの?
 在学中の学校を卒業しないと受験できません。アレックは建築科(2年制)卒業した後の3年目に受験できますが、大学は卒業後の5年目に受験となります。
高等教育無償化制度の認定校ですか?
 はい。本校は「高等教育就学支援新制度」として青森県の認定を受けています。
1. 授業料等免除
 本校の場合、入学金10万円と授業料51万円(年額)が免除になります。
2. 給付型奨学金
 日本学生機構から奨学金が支給されます。(返済不要)
    自宅通学  38,300円(月額)
    自宅外通学 75,800円(月額)
3. その他の奨学金もあります。ホームページでご確認ください。

pagetop

オープンキャンパス

資料請求